結婚相手の選び方

結婚相手の選び方は本当に人それぞれです。ですから全ての人に当てはまる「選び方の絶対基準」なんて、それこそ絶対にありません。

では「自分はどうやって選べばいいのか分からない」という人はどうすればいいのでしょうか。ここでは「選び方は自分で決める」という大前提で、一般的に「結婚相手を決める基準」といわれる事例を見ていくことにしましょう。
結婚相談所比較 料金・費用・格安・無料
結婚相手を選ぶとき、男女がともに第一条件として挙げる「人柄や性格などの相性」はある意味当然の基準です。

どうしても人柄が好きになれず性格が合わない人とは、そもそも結婚どころか、まともな人間関係が成り立たないはずだからです。ではそれ以外はというと、男性は「容姿」、女性は「経済力」を相手に求める傾向があります。要するに「女は見た目、男は金」が現実というわけですね。

他に男女とも挙げるのは「親や親戚を大切にしているか」「お互いに尊敬できる対象か」「一緒にいて気楽か」「家事や育児、家庭に対する認識が近いか」「話が合うか」などといった基準です。つまり、人柄、性格、容姿、経済力といった上位のもの以外は、かなり細分化された条件ということで、つまるところ「趣味」といって差し支えないようなに思います。

これは「大枠が決まっていて、あとはオプション的な細かい要望が大半」といった感じでしょうか。しかし結婚は何が決め手になるか分からないという意味で、事の大小では一概に重要度を計れませんから、軽視することも出来ない基準ばかりとも言えます。



さて、いかがでしょう。みなさんが納得いく基準も、いかない基準もあると思います。ここで考えてほしいのは、その「納得いくものといかないものを分ける境界線が何か」という点です。そこが見えてきたなら、あなたは冷静な感覚で結婚相手を選ぶことが出来るかもしれません。
結婚相談事業を行っています|福井県 Fukui Prefectural Government

もっとも、冷静に選ぶことが必ずしも良い結果を生むとは限りません。夫婦になるというのは本能的な営みでもあり、そこに理性や常識では測れない基準があるかもしれないからです。極端な例でいえば「遺伝子が呼び合う」という真面目な研究結果だってあるくらいです。

そしてそんな「常識や理性を超えた何か」が教えてくれるような結婚相手なら、きっとどんな障害も乗り越えて結ばれることでしょう。もしも「自分が選んだ相手は理屈や常識では割り切れない基準で選ばれた」と思うことが出来たなら、それはある意味、理想の結婚相手かも知れませんね。